Case

デザイナーのこだわりが詰まった「字を読まなくても理解ができる」ページ

財形住宅金融株式会社様

Issue

高い訴求力を持った、印象に残りやすいアピールの場が必要

ランディングページは通常のサイトと違い、1つのページでわかりやすく、かつ印象に残りやすい、高い訴求力を持った構築が必要となります。このプロジェクトでは、公務員のユーザー様のご来店を促進する事を最終的な目標として、ニーズに合わせたランディングページを作成。離脱率の低下、そしてネクストアクションへつながるような、一目でメリットが理解できるわかりやすいページを目標に制作しました。

Solution

「わかりやすさ」を徹底追及!柔らかく好印象のランディングページ

内容を理解してもらいたいからこそ、文章ではなくアイコン・写真を多用し、まずはユーザーにイメージを持っていただけるようなデザインを制作。配色やデザイン構成の細部にもこだわり、堅い印象がなく、それでいて信頼性を損なわない、どこか親しみを覚えやすいランディングページが完成しました。

また、構成面では、情報多寡にならないよう、数多くあるアピールポイントを3つに絞り込み、シナリオを展開してわかりやすさを追求しました。デザイン、シナリオの双方からアプローチする事で、よりユーザーにとってメリットがわかりやすいランディングページを制作する事に成功しました。このデザインはクライアント様からも高評価をいただく事ができ、本ランディングページを軸に、他のランディングページの制作も携わらせていただける事になりました。

Design Concept

アイコン・写真ベースで誰でも内容がイメージしやすい構造に

いつもデザインするときに心掛けているのは、「字を読まなくても理解ができる」デザイン。これは外国籍の自分だからこそ気づくことができる、重要なポイントです。本件でも、文章と紐づくようなイメージ画像を使用することによって、理解のしやすいデザインに仕上げています。

また、難しいイメージになりやすいサイトでしたが、全体的には色を統一しつつ、アイコンやイラストを効果的に使用することによって、やわらかい印象で親近感を持ってもらえるサイトにすることができました。

理解がしやすく、やわらかい印象に仕上がったサイトは、見る人に再度訪れたいと思わせることができます。

信頼感・安心感を与えるデザインとコーポレートカラーの活用

本件では「信頼・安心感(humanity)」をテーマとしてデザインしました。

不動産系のサイトはプロフェッショナルな印象を与えようとするため、四角や線を使ってデザインをすることが多いですが、印象が固くなる可能性があります。そうした固い印象のデザインは今回のテーマとは方向性が違うと思い、曲線と円をメインで使用して、信頼と安心感を与えるようにしました。

メインカラーには環境や安全をイメージさせるグリーンを選択し、ポイントカラーとしては元気や社交性をイメージさせるオレンジ、また商品のカラーにはレッドを使用しています。

Credit

SITE URL http://www.zaijukin.co.jp/komuin_flat35/
INDUSTRY 金融関連
DIRECTOR 大城
DESIGNER
FRONTEND ENGINEER 中尾

Service

新しい体験をデザインする

LYZONが提供するデザインソリューションの詳細はこちら

Vire More