新しい体験を
デザインする

LYZONはこれまでに、大規模サイト制作を中心として、情報デザイン、企業のコーポレートサイトの新規制作やリニューアルはもちろん、ECサイト構築やスマートフォンサイト、アプリケーションの制作にわたって幅広く成果を上げてきました。
数千ページにわたる大規模サイトを構築するプロジェクトでは、再利用可能なUIパーツ・モジュールをデザインし、それらを論理的に組み合わせる設計によって、システムとの連携を1年半をかけて実現しています。さらに、マルチサイト対応や、デジタルマーケティングの実装、強固なセキュリティ対策、基幹システム等との連携など、お客様のあらゆるご要望に対応できる信頼の実績があります。
私たちは、テクノロジーとアイディアを掛け合わせ、UI/UX設計・デザイン・ブランディングにより、魅力的なユーザー体験をデザインします。Web制作の全てのフェーズをワンストップで行い、Web技術の総合力でお客様の潜在的ニーズを発見し、抱えている様々な問題に寄り添い解決していきます。
Webという無限の可能性を持つ領域で、常に変化し続けるトレンドをキャッチし、ユーザーの心を惹きつける新たな体験をデザインしていきます。

徹底したヒアリングや調査により
目標達成を実現する

Webサイトを制作するときには、Webサイトの目的を明確にすることが大切です。なぜWebサイトを制作するのか、誰に何を伝えたいのかを確認し、適切なアプローチをすることが、Webサイトで実現したい目的の達成につながります。
私たちは、お客様のご要望にお応えするだけでなく、お客さまが抱えている本当に解決すべき課題を見つけ出すため、丁寧にヒアリングをいたします。
これまでの経験から蓄積されたWebのノウハウや技術を生かし、様々な視点から調査・分析することで、目標達成へと導きます。

洗練されたUI/UXデザインで
心地よいユーザー体験を

Webサイトの成果を高めるには、見た目の美しさだけではなく、ユーザーが心地良い体験ができるよう、使いやすいUIを設計・デザインすることが重要です。
私たちは、ユーザーの体験であるUXをより良くしていくために、様々なアプローチを取り入れながら設計・デザインをしています。
ユーザーのニーズにマッチするように、ペルソナを作成してターゲットを絞り、実際にサイトを利用する場面を想定したカスタマージャーニーマップをもとに導線設計を行います。
実際の導線や操作性を確認するため、プロトタイピングによる検証と改善を繰り返し、ユーザーの視点で使いやすさを考えながらUXを向上させていきます。

UI設計からフロントエンドまでを担う総合的なデザイン力

LYZONのデザイナーは、一人一人 得意分野がある個性豊かなメンバーですが、全員がデザインからフロントエンドまでを一貫して行うことができるスキルを持っています。
デザイナーは蓄積されたコーディング経験から、最新の技術やSEO対策、レスポンシブやデバイスごとの対応、運用のしやすさなども想定したうえで、より優れたユーザーインターフェイスを作り上げることができます。また、ノウハウはデザイナー間で随時共有し技術を標準化しているため作業の効率化を図っています。
サイト構築フェーズでは、社内システムエンジニアとの連携もスムーズに行うことができるため、スピーディーな制作を行うことができます。

flow

01

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は無料です。
まずはお電話・コンタクトフォームからお気軽にお問い合わせください。
約2営業日以内に折り返しご連絡差し上げます。
お問い合わせ・相談する

02

お打ち合わせ

お客様のご要望の詳細を丁寧にヒアリングさせていただきます。
まずは、現状の課題やWebサイトで達成したい目標をお聞かせください。ヒアリングにより、サイトを作る目的を明確にし、最短で目標を達成するための施策をご提案させていただきます。

03

ご提案・お見積り

ご相談いただいた内容をもとに、お客様のご要望やご予算に合わせて、Webサイト制作プランのご提案と、制作費用のお見積もりをいたします。
制作プラン・お見積り金額等に、ご納得いただけましたら、発注をいただきご契約となります。

04

企画・設計

ご契約後は、Webサイトのコンセプトや具体的な要件、実際の制作スケジュールなどを決定し、全体の仕様を決める要件定義・設計に入ります。
ヒアリングでの情報をもとに、ディレクトリ構造、実装する機能、ページ構成、コンテンツ内容、サイトマップなどを決定します。
Webサイトを実際に利用するユーザーの視点に立ち、サイトの導線、使いやすさ、情報のわかりやすさなどを考慮しながら仕様を決めていきます。

05

ワイヤーフレーム

Webサイトの骨組みとなるワイヤーフレームを作成します。
ワイヤーフレームは最終的なUI/UXを決める非常に重要なフェーズです。具体的なデザインに入る前に、企画・設計で決めた内容に沿って情報を設計します。
ページごとの役割を決めて、コンテンツの優先順位やユーザーの視線の流れを意識しながら、掲載するコンテンツをレイアウトしていきます。
この段階で、Webサイトの大まかな掲載内容がわかるようになります。

06

デザイン制作

ワイヤーフレームをもとにデザインを制作します。
サイトのコンセプトに沿ってトーン&マナー、レイアウト、インターフェースを決定し、PhotoshopやXDなどのデザインソフトを使用して実際のWebサイトのビジュアルデザインを作成していきます。
LYZONのデザイナーは、コーディングに関連するインタラクションや運用のしやすさなどを考慮した最適なWebサイトのデザインを行うことができます。

07

コーディング

デザインを基にHTML/CSSでコーディングをし、実際のページを組み立てていきます。さらにJavaScriptなどで、インタラクションの動きを実装していきます。この工程で、実際のウェブブラウザでWebサイトが閲覧できるようになります。
LYZONでは、デザイナーがコーディングを行うため、分業によるイメージの行き違いもなく、デザインからスピーディに構築を行うことができます。

08

システム開発

コーディングが完了すると、エンジニアがシステム開発を行います。
事前に決定したシステム仕様書に沿ってプログラミングを行い、検索やお問い合わせフォームなどWebサイトに必要な機能を実装します。
WordPressやSitecoreなどのCMSを導入する場合は、CMSと連携させる作業を行い、専用の管理画面からWebサイトのコンテンツを更新できるようにカスタマイズします。

09

テスト

Webサイトの開発が完了すると、最後に動作確認・検証のためのテストを行います。テストはWebサイトの品質を一定以上に保つために重要です。
開発したシステムが正しく動作しているか、ブラウザでの表示崩れがないか、原稿通りに正しい情報が表示されているかなどをテスターが徹底的にチェックします。

10

公開・運用

テスト完了後、公式にWebサイトを公開し納品となります。
Webサイトは公開して終わりではなく、公開後も継続的に改善更新・改修していくことで、より効果を上げていくことができます。
LYZONは、公開後の運用保守やマネジメントをトータルでサポートできる体制を整えています。サイト構築時から継続していただくことで、無駄なくスムーズに運用をしていくことができます。追加のご要望や改修、技術的なお悩みなどもお気軽にご相談ください。